1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 上田助教らの研究成果が米科学振興協会(AAAS)のサイト「EurekAlert!」に掲載されました

上田助教らの研究成果が米科学振興協会(AAAS)のサイト「EurekAlert!」に掲載されました

 『Cognitive Science』に論文が掲載された上田祥行助教、齋木潤人間・環境学研究科教授らの研究成果(2017年3月発表)が、アメリカの科学振興協会(AAAS)のサイト「EurekAlert!」で紹介されました。
 科学・医療・テクノロジー分野を中心に最先端の研究成果を紹介している同サイトにおいて、京都大学からのパブリックリリース(英語版)が、ユニークなイメージイラストと共に掲載されています。

1706ueda_eurek.pngYou don’t see what I see? – Visual perception may depend on birthplace and environment
Perhaps we only see what we’ve learned to see.
In a recent multinational study in the journal Cognitive Science, a research team led by Kyoto University shows that an ability to perceive differences between similar images depends on the cultural background of the viewer.
Scientists have long recognized that the mental processes behind thinking and reasoning differ between people raised in Western and Eastern cultures. Those in the West tend to use ‘analytical’ processing — analyzing objects independently of context — while those in the East see situations and objects as a whole, which is known as ‘holistic’ processing…..
「EurekAlert!」/ 23-MAY-2017
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-05/ku-yds052317.php

◇関連記事:国内のメディア掲載
上田助教らの研究成果が 京都新聞、中日新聞、日経新聞、マイナビニュースなどで取り上げられました
【論文情報】
Yoshiyuki Ueda, Lei Chen, Jonathon Kopecky, Emily S. Cramer, Ronald A. Rensink, David E. Meyer, Shinobu Kitayama, Jun Saiki. (2017). Cultural Differences in Visual Search for Geometric Figures. Cognitive Science.
DOI= https://doi.org/10.1111/cogs.12490  ※認証有り

2017/06/16

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP