1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 「京大生の思い2013」を発表します

「京大生の思い2013」を発表します

 内田由紀子准教授らが担当する「こころの科学1」の授業では、2008年から毎年(2012年度をのぞく)、受講生を対象にアンケートをおこないウェブに公開しています。この試みも本年度で5回となりましたので、過去の結果の比較も合わせて掲載し、学生の意識の変化を追ってみました。2008年から今年にかけて、京大生の思いはどんな風に移り変わってきたのでしょうか?
140327sakura.png
 アンケートでは、自分の性格やライフスタイルについて38項目の質問に「はい・いいえ」で回答を集めました。過去5回分、同じ質問ですので、回答数の変化から興味深い結果がみられます。例えば、「モテる」の指数は最低だった初回の2008年度の6.94から倍近い12.00にアップ。「美男・美女」「ほれっぽい」「親友がいる」と答えた人も増加しています。一方で、「勉強好き」「野心がある」「疑い深い」「悲観的」などの項目がこぞって過去最低に。かつて京大生らしいと言われた”critical thinking”な京大生は減少傾向にあるといえます。また、「宗教心がある」という回答も2008年から半分近い減少となり、時代を反映しているのかもしれません。
 内田由紀子准教授は「このようなデータは、長く蓄積していくことに価値があるので、これからも続けていきたいです」とコメントしています。アンケート結果は、下記リンクからご覧ください。
「京大生の思い2013(過去5回の比較も含む)」アンケート結果PDFファイル
>> 2011年度のファイルはこちら
>> 2010年度のファイルはこちら
>> 2009年度のファイルはこちら
>> 2008年度のファイルはこちら

2014/03/27

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP