1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 佐藤弥特定准教授・嶺本和沙教務補佐員らが執筆した論文が出版されました

佐藤弥特定准教授・嶺本和沙教務補佐員らが執筆した論文が出版されました

佐藤弥特定准教授・嶺本和沙教務補佐員らが執筆した論文が出版されました。詳細な栄養情報を持つ日本食サンプルの画像データベースを開発しました。

 

Sato, W., Minemoto, K., Sawada, R., Miyazaki, Y., & Fushiki, T. (in press).
Image database of Japanese food samples with nutrition information.
PeerJ.

 

栄養情報のある日本食サンプル画像データベース

背景:
食物の視覚処理は,食行動のコントロールに重要である.食物の視覚処理を調べるため,多くの先行研究が食物の画像データベースを開発した.しかし,非西洋食のものや栄養情報を持つものは少ない.

方法:
我々は,詳細な栄養情報(カロリー・炭水化物・たんぱく質・脂肪)を持つ日本食サンプル(cf. いわさきグループ食育SATシステム)の画像データベースを開発した.
この妥当性を検証するため,画像を既存データベースの西洋食画像とともに日本人参加者に呈示し,感情的(感情価・活性度・好き・食べたい)・認知的(自然さ・認識性・親近性)評定を求めた.

結果:
全ての感情的・認知的評定(ただし活性度を除く)は日本食画像に対して西洋食よりも高い値を示した.相関解析の結果,客観的栄養情報と主観的栄養情報の推定値の間,客観的カロリー・脂肪量と感情評定の間に,正の関係が示された.

結論:
こうした結果から,この画像データベースで,日本食の視覚処理および客観的栄養情報と心理・神経的処理の関係を研究できることが示唆される.

2020/04/30

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP