1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 大阪府とSNSカウンセリングについての共同研究を開始しました

大阪府とSNSカウンセリングについての共同研究を開始しました

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、私たちの身体的・心理的な負荷は増大しています。
京都大学こころの未来研究センターでは、かねてより「SNSカウンセリングとコミュニティ支援」プロジェクトをたてて、
LINEを活用した新しい心理的サポートをより有効なものとすべく、研究を行って参りましたが、
このたび、大阪府様との共同研究としてコロナ禍で行われたSNS相談データの検討を行うことになりました。
本研究の目的は以下の通りです。

1.よりよいLINE相談事業の継続・発展に向けた実証研究
SNS相談は、LINEアプリを用いて相談を行う、始まったばかりの新しい心理支援のツールです。
個人情報を完全に削除したSNS相談データから有効性の高い対象者や対応時期の重要性、相談員の臨床的姿勢のあり方などについて検証を行い、
SNS相談が非常事態下にある人々の心理的なサポートにどのように資するのかについて臨床心理学と認知科学の視点から明らかにし、現場にフィードバックします。

2.未曾有の状況下における人の心理的反応についての分析
ネガティヴな状況下において人のこころがもつ回復と変容の可能性について明らかにすることで、
継続するコロナ禍における心理的サポート体制のあり方の基盤をつくると共に、
災害時などの緊急事態下における今後の心理支援体制やアプローチの方法に活用することを目指します。

 

LINEを使った心理カウンセリングは、対面で人に会うことが難しくなっている現在の状況でも、
安全な形で専門家の心理的サポートを受けることができる新しい心理支援の方法です。
当センターでは、企業様を対象にSNS相談窓口を開設しております。
詳しくは下記リンクをごらんください。
http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/sns/

2020/08/07

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP