1. top
  2. イベント
  3. 現代社会における<毒>の重要性 2020年度シンポジウム

現代社会における<毒>の重要性 2020年度シンポジウム

こころの未来研究センター 研究プロジェクト「現代社会における〈毒〉の重要性」

(参考URLhttp://kokoro.kyoto-u.ac.jp/2020pj_18-1-13/

本プロジェクトの今年度の研究成果について研究メンバーによる発表、およびゲストによる講演や報告を行います。

 

日時:12 19 日(土)14:00-18:00

場所:アトリエみつしま(京都市北区紫野下門前町 44 2 階大広間

14:00-14:05 吉岡洋(研究代表者、京都大学こころの未来研究センター特定教授) 挨拶
14:05-14:30 吉岡洋「〈毒〉への親しみを失った世界」
14:30-15:00 小澤京子(和洋女子大学准教授)「ジャンク化する身体:1980 年代の表現を中心に」
15:00-15:30 児玉幸子(メディアアーティスト、電気通信大学准教授)「身体は何処にあるか── 『雲の路』と『溶ける視覚』の窓とイメージ」
15:30-16:00 フロリアン・ガデン(美術家、大久保美紀通訳)「自作を語る」
16:00-16:15 休憩
16:15-16:45 加藤有希子(埼玉大学准教授)「暗黒啓蒙はなぜ自らを『暗黒』と呼ぶのか ――コロナ、潔癖、現代の臨界点」
16:45-17:15 大久保美紀(美術キュレータ、パリ第8大学講師)「展覧会『ファルマコン・連鎖・反応』をめぐって」
17:15-18:00 全体討論

 

参加希望の方は、氏名・分野(「◯◯研究」「美術」など)を書き、12月18日までに問合せ先にお申し込みください。

問合せ先:吉岡 洋(京都大学こころの未来研究センター・特定教授)
yoshioka.hiroshi.7skyoto-u.ac.jp
(お手数ですがメール送信の際に、*を@に変えてお送りください。)

2020/12/08

これまでのイベント
年別リスト

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP