1. top
  2. ニュース
  3. ムーンショット目標検討シンポジウム「極限状態におけるこころのあり方」を開催しました(2021年5月22日)

ムーンショット目標検討シンポジウム「極限状態におけるこころのあり方」を開催しました(2021年5月22日)

2021年522日、京都大学こころの未来センターの後援でムーンショット目標検討シンポジウム「極限状態におけるこころのあり方」をオンラインで開催しました。

本シンポジウムは、内閣府が主導しながら実施している「ムーンショット型研究開発制度」の一環として開催されました。この事業は、超高齢化社会や地球温暖化問題などの社会課題に対し、人々を魅了する野心的な目標、すなわちムーンショット目標を国が設定し、挑戦的な研究開発を推進するものです。現在は、新たなムーンショット目標を選定するため、科学技術振興機構(JST)が目標検討チームを公募し、21の研究チームが採択され、アイデアを具体化するための調査研究を行っています。

その1つに、本シンポジウムの主催者である、こころの未来研究センターの熊谷誠慈准教授が代表を務めるチームが選ばれました。この研究チームは、熊谷准教授と三浦典之教授(大阪大学大学院情報科学研究科)、粟野皓光准教授(本学情報学研究科)、上田祥行特定講師(こころの未来研究センター)の4名が主力となり、人のこころや体の状態をセンサーとAI技術で推定し、理想的なこころの状態を維持してパフォーマンスを十分に発揮できるように導く「Psyche Navigation System PNS)」の開発に取り組んでいます。そして、仏教学、心理学、情報工学の研究者が協働し、こころに関する伝統的智慧と最新技術を融合させながら、安寧と活力を生み出す方法を模索しています。

その一環として、元陸上選手の為末大 Deportare Partners 代表、元宇宙飛行士の土井隆雄 京都大学大学院総合生存学館 特定教授、そしてノーベル物理学賞受賞者の天野浩 名古屋大学未来材料・システム研究所 教授を招聘し、それぞれが極限状態で感情とどのように向き合ってきたか、経験を踏まえて語っていただきました。

冒頭の開会の挨拶に登壇した時任宣博 研究・評価・産官学連携担当理事は、熊谷准教授の研究チームが本学の独創的な研究を象徴していると述べ、「自由の学風のもと、本学が培ってきた知見が社会に還元され、世界に誇る統合学術府としてさらに大きく飛躍して欲しい」と期待を述べました。次に登壇したJSTの中島英夫 挑戦的研究開発プログラム部 部長は、ムーンショット型研究開発制度の趣旨を説明し、「多くの国民と価値を共有し、実現可能な技術を開発できるかが重要となる」と述べました。

その後、熊谷准教授ら4名の開発者が、開発に取り組むPNSを紹介し、各登壇者の発表へと移りました。

為末氏は、オリンピックに出場した際に転倒した自身の経験を振り返り、恐れも限界も個人のこころのなかではなく、社会との間にあると説明しました。そして、心身を微調整しながら、その場の環境に適応させ、普段と同じ結果を出すのが熟達であり、ゆらぎや余白をもって柔軟に対応することが重要だと語りました。

次に登壇した土井教授は、1997年にスペースシャトル・コロンビア号に乗船し、閉鎖環境への適応や人工衛星を回収する船外活動を行った経験について語りました。船外活動では、失敗が許されない緊張感だけではなく、死の恐怖や孤独感を克服する必要があったと述べました。そのため、長年にわたる訓練によってチームワークを形成し、想定外の事態にも迅速に備えることが出来る体制にあったと説明しました。

最後に登壇した天野教授は、「イノベーションに繋がるこころとは―研究者の危機感と年齢―」と題して、不安定ながらも成果が求められる若手研究者にとって何が必要か、ご自身の研究人生を振り返りながら講演されました。青色発光ダイオードの開発には、結果が出ずとも研究と生活を支えてくれた恩師の故赤崎勇先生の存在が大きかったと語りました。そして、若手研究者がイノベーションを起こすには、没頭できる環境と無心になれることが重要だと述べました。

シンポジウム後半には、研究チームメンバーと登壇者全員が議論を行う総合討論の場が設けられ、分野は異なるものの、様々な共通点について意見が交わされました。身体技法の洗練や技術の開発には集中力を開放する「遊び心」が重要となる点や、不可能であっても日々少しずつ克服できる目標を設定する点、またPNSのようなシステムがお互いを励まし合うチームメイトのような存在になるか、など活発な議論が続きました。

閉会の挨拶に登壇した梶原ゆみ子 富士通株式会社執行役員常務、総合科学技術・イノベーション会議有識者議員は、「ムーンショット型研究開発制度はワクワクがキーワードだが、参加された一般の方々もワクワクして研究者の総合知を垣間見れたのではないか」と本シンポジウムを振り返りました。同じく閉会の言葉を述べた久能祐子 国際渉外・海外同窓会担当理事は、人類と地球を救う30年プロジェクトと位置付けられている本事業で、日本が世界のフロンティアになるためにも頑張って欲しいとエールを送りました。

本シンポジウムはオンライン開催にも関わらず計350名以上の参加者が視聴し、盛況のうちに閉会しました。

 

関連サイト:Psyche Navigation System(サイキ・ナビゲーション・システム)という新たなテクノロジーの開発を開始しました

Psyche Navigation Systemの概要

 

為末大氏


土井隆雄特定教授


天野浩教授


総合討論の登壇者

 

2021/05/26

これまでのニュース
年別リスト

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP