1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 熊谷准教授の新刊『ボン教:弱者を生き抜くチベットの智恵』(創元社)が発売されました

熊谷准教授の新刊『ボン教:弱者を生き抜くチベットの智恵』(創元社)が発売されました

熊谷誠慈准教授の新刊『ボン教:弱者を生き抜くチベットの智恵』(創元社)が発売されました。 

同書は、世界的なボン教儀礼研究者のダニエル・ベロンスキー(プラハ・カレル大学)と密教研究者ニマ・オーセル(プラハ・カレル大学)、さらに欧米随一のボン教瞑想指導者テンジン・ワンギェル師(リクミンチャ・インターナショナル)、さらには、歴史学の三宅伸一郎(大谷大学教授)、文化人類学の小西賢吾(金沢星稜大学)、日本人初のボン教瞑想インストラクター箱寺孝彦師など、国内外のトップクラスのボン教研究者が、ボン教哲学研究者でもある熊谷准教授の呼びかけのもと集結し、学際的に多角的な視点から、「ボン教」(チベット・ヒマラヤの土着宗教)を概説し、論じ直した一冊です。 

ボン教は、チベット・ヒマラヤ地域の土着宗教ですが、7世紀に同地域に仏教が伝来して以降、1200年間、ボン教は宗教マイノリティとして、時に弾圧も受けながらも生き残ってきました。 
多数派の仏教徒たちと闘わず、しかし、自らのアイデンティティは誇りをもってしっかり守る。そのために、相手の良い部分をしっかり採り入れて根幹の教義を変えるなど、ボン教は「弱者を生き抜く知恵」を身に着けてきました。 
1970年代には、ボン教はチベット亡命政府から伝統宗派の一つとみなされるようになり、「宗教マイノリティ」から「チベットの基層文化」へと、その地位が高まりました。 
ネガティブな状況をポジティブに生きるためのボン教の智慧は、先行き不透明な(ポスト)コロナ時代の社会においてもきっと多くの人の役に立つものと願っています。 

本書は、Amazonなどで購入可能です。 
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%B3%E6%95%99-%E5%BC%B1%E8%80%85%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%8A%9C%E3%81%8F%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E7%9F%A5%E6%81%B5-%E7%86%8A%E8%B0%B7-%E8%AA%A0%E6%85%88/dp/4422140302/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=WWAHWS0QCFFI&keywords=%E7%86%8A%E8%B0%B7%E8%AA%A0%E6%85%88&qid=1641891714&sprefix=%E7%86%8A%E8%B0%B7%E8%AA%A0%E6%85%88%2Caps%2C296&sr=8-1&fbclid=IwAR3IQ2vn2iLKeufh_7qEOujgZetBfx654nthW5mXuB-26ndI5WlIE7GJne4 

2022/01/14

これまでのニュース
年別リスト

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP