1. top
  2. 出版・論文
  3. 鎌田教授が『古事記』に関する書籍3冊を出版。学術シンポジウム「古事記と宇宙」(11/23)で講演します

鎌田教授が『古事記』に関する書籍3冊を出版。学術シンポジウム「古事記と宇宙」(11/23)で講演します

今年は古事記の編纂から1300年にあたり、あらためて古事記や日本神話の面白さに注目が集まっています。
この夏から秋にかけて、鎌田東二教授が執筆、監修した古事記に関する書籍が3冊出版されました。様々な角度から国のはじまりと神々が織り成す多彩なドラマに切り込み、日本神話の魅力を余すところなく紹介した書籍となっています。
また、11月23日(金・祝)には、京都大学と大和郡山市が開催する学術シンポジウム 「古事記と宇宙」に鎌田教授が講演者、パネラーとして登壇します。
シンポジウムの案内・申込みページはこちら
以下、最新書から順にご紹介します。
kojikiwonderland.png『古事記ワンダーランド(角川選書)』
鎌田東二(著)
発行所:角川学芸出版
発行日:2012年10月25日
●内容紹介
神々の無垢で残酷な暴力、動物への変身の物語……。『古事記』に満ち溢れる不可思議な出来事の数々が意味するものとは。神々の物語に託された人間の根源的思考、感覚、想像力を描き出す、創造性に満ちた古事記入門!
出版社の書籍ページへ
konnaniomoshiroi.png『こんなに面白い日本の神話: 日本人として知っておきたい国の始まりと神々のドラマ (知的生きかた文庫)』
鎌田東二(監修)
発行所:三笠書房
発行日:2012年9月24日
●内容紹介
本書は、まず、第1章でこのように断片的に覚えている日本神話の物語を、『古事記』をもとに挿絵つきの「あらすじ」で紹介します。第2章と第3章では、日本神話の特徴や古代史と神道との関連性、祭や民俗文化の源流など、日本人の原風景を神話から探ります。第4章は、神話の聖地と登場する神々を小事典として編みました。本書はコンパクトにまとめた「日本神話のすべて」です。
出版社の書籍ページへ
nihonshinwano.png『「日本神話」の謎を楽しむ本』
日本博学倶楽部 (著), 鎌田東二 (監修)
発行所:PHP研究所
発行日:2012年8月22日
●日本最古の文書である『古事記』を元に「日本神話の謎」を一緒に解き明かしてみませんか?本書は「超」がつくほどわかりやすい日本神話の解説本です。国生み、黄泉国訪問、天岩戸伝説から国作り、国譲り、天孫降臨、そしてヤマト政権を形作った天皇たちの物語まで、『古事記』のあらすじと神様列伝をミックスしながら紹介しているため、とにかくわかりやすい! さらに神様たちの特徴的な活躍にはリアルビジュアルがついているのが読むのが楽しい! 古代史食わず嫌いのあなたも、これまで何度か挑戦して挫折したあなたも、きっと最後まで読める一冊!
出版社の書籍ページへ

2012/10/31

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP