1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 京都大学ブータン友好プログラム第9次訪問団に内田由紀子准教授が参加しました

京都大学ブータン友好プログラム第9次訪問団に内田由紀子准教授が参加しました


京都大学ブータン友好プログラムの第9次訪問団メンバーとして、内田由紀子准教授が2012年8月25日から9月2日までブータンに滞在しました。
訪問先はパロ、ハ、ワンデュポダン、プナカ、ティンプーで、学校、地震被災地、王立ブータン研究所、地質鉱山局、王立自然保護協会、JICAなどを訪れ、ブータンの暮らしや文化、仏教の伝統などに触れるとともに、GNH(国民総幸福)についての情報・意見交換を行いました。特に王立ブータン研究所では所長であるダショー・カルマウラ氏との対談が実現し(対談記録は学術広報誌「こころの未来」第10号に掲載予定)、ブータンの幸福、GNH政策の精神についてのカルマウラ氏のビジョンをお伺いし、文化と幸福感についての意見交換を行いました。この対話からブータンが主導するInternational Expert Working Group (IEWG)への内田准教授の今後の参画につながりました。
詳細なレポートは京都大学ブータン友好プログラムの第9次訪問団のレポートをご覧ください。
こちらに内田准教授が撮影した滞在記録写真を掲載します。

写真をクリックすると大きく表示され、次々に送って見ることができます。

  

こちらで、さらに多くの写真をご覧いただけます。生き生きとしたブータンの人々の生活をご覧下さい。

2012/11/05

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP