1. top
  2. ニュース
  3. セミナー・研究会
  4. 今田先生(イギリス・Brunel大学講師)が研究報告会を実施しました

今田先生(イギリス・Brunel大学講師)が研究報告会を実施しました

文化心理学者の今田俊恵先生(イギリス・Brunel大学講師)が、内田准教授を中心とするCulture Kokoro Network にて 研究報告会を実施しました。
culture02.JPGculture01.JPG
 今田先生は2009年にセンターに滞在されていたことがある、文化心理学・発達心理学を専門とする研究者です。(こころの未来第4号で研究内容をご紹介いただいています:こころと文化–日米の子どもの比較文化研究
 就学前から小学生までのデータをもとに、これまで成人を対象とした研究で確認されてきた基礎的認知における文化差が発達段階のいつ頃から生じるのかについて活発な意見交換を行いました。また、個人主義・集団主義がどのように伝達されていくのかについて、小学校の教科書で用いられている物語の分析による知見が紹介されました。今田先生とは今後も連携研究を行っていく予定です。
□今田俊恵先生HP
http://www.brunel.ac.uk/sss/psychology/staff-profiles/dr-toshie-imada

日時:2013年8月2日
場所:こころの未来研究センター
Title: Cultural Minds: Development and Cultural Environment
Abstract: Whereas various cultural differences in cognitive styles have been reported in recent psychological literature, little research has investigated how individuals acquire such culturally specific cognitive tendencies. This presentation introduces the researcher’s recent studies that examined development of culturally specific cognitive styles among children and the cultural environment that might foster such cognitive styles. One study (Imada, Carlson, and Itakura, 2013) demonstrated that Japanese children were more sensitive to contextual information in comparison to American children, and this cultural difference increased with age. Other studies found collectivistic and individualistic cultural values embedded in Japanese and American school textbooks respectively (Imada, 2012) as well as in the stories Japanese and American people spontaneously created and passed onto others (Imada & Yussen, 2012).

2013/08/15

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP