1. top
  2. イベント
  3. 京都大学こころの未来研究センター 国際シンポジウム 「こころの科学 3つの顔」 ―吉川左紀子教授 退職記念講演会― International Symposium, Kokoro Research Center, Kyoto University “The Three Faces of Psychological Science”

京都大学こころの未来研究センター 国際シンポジウム 「こころの科学 3つの顔」 ―吉川左紀子教授 退職記念講演会―
International Symposium, Kokoro Research Center, Kyoto University “The Three Faces of Psychological Science”

こころの未来研究センターの初代センター長、吉川左紀子教授(任期20072018年)の最終講演と、顔認識研究で著名な心理学者Vicki Bruce先生(英国ニューカッスル大学・教授)、多感覚コミュニケーションによるケア技法「ユマニチュード」の創始者、Yves Gineste先生(ジネスト-マレスコッティ研究所・所長)をお迎えして国際シンポジウムを開催します。本シンポジウムでは、吉川教授が長年取り組んできた「顔・表情認識とコミュニケーション」を主題として、こころの科学のもつ基礎研究、学際研究、実践研究という3つの側面とそれらをつなぐ試みについて議論を深めたいと思います。

 

 

▽日時:2020年223日(日) 13001700(受付開始1230

▽場所:京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール 

    本部・西部構内マップ[3]

    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

▽定員:500名(申込みによる先着順)

▽対象:研究者・学生・一般

▽参加費:無料

【プログラム】
13:00-13:05 開会挨拶 
       河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター・センター長)

13:05-13:55 講演①「顔・表情が伝えるもの:基礎、学際、実践を結ぶこころの科学」
       吉川左紀子(京都大学こころの未来研究センター・特定教授)

13:55-14:35 講演②「顔認識研究の現在と学際研究への展望」
       Vicki Bruce(ニューキャッスル大学心理学部・教授)

14:35-14:55 休憩 

14:55-15:35 講演③「高齢者ケアにおける多感覚コミュニケーションとその哲学理念の重要性」
                          Yves Gineste(ジネスト―マレスコッティ研究所・所長, 京都大学こころの未来研究センター・特任教授)

15:35-16:55 ディスカッション 
      山極寿一(京都大学・総長)、下條信輔(カリフォルニア工科大学 ・教授, 京都大学こころの未来研究センター・特任教授)、Vicki Bruce、Yves Gineste、吉川左紀子

16:55-17:00 閉会挨拶
                          広井良典(京都大学こころの未来研究センター・教授)

 

■講演・総合討論には日英仏の通訳が入ります。
Japanese, English and French interpreting service available.

■総合司会 内田由紀子(京都大学こころの未来研究センター・教授)
 

【申込方法】
2020年2月16日(日)までにE-mailまたはFAXにてお申込みください。
件名に「国際シンポジウム 申込み」と明記し、必要事項を記入の上、ご送付ください。
※定員に達し、ご参加いただけない場合のみ、ご連絡を差し上げます。

【必要事項】
①氏名(ふりがな)②ご職業(ご所属)③返信用ご連絡先(メールアドレス)

■連絡先/申込先
京都大学こころの未来研究センター リエゾンオフィス(平日9時~16時)
E-mail : kokoro-mirai*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください。)
FAX : 075-753-9680
URL : http://kokoro.kyoto-u.ac.jp

 

 

2019/12/02

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP