1. top
  2. 出版・論文
  3. 『Jung’s Red Book for Our Time: Searching for Soul Under Postmodern Conditions Volume 3』に、河合俊雄教授の英語論考が掲載されました

『Jung’s Red Book for Our Time: Searching for Soul Under Postmodern Conditions Volume 3』に、河合俊雄教授の英語論考が掲載されました

『Jung’s Red Book for Our Time: Searching for Soul Under Postmodern Conditions Volume 3』に、河合俊雄教授の英語論考が掲載されました。

『Jung’s Red Book for Our Time』は、ユングの著作である『赤の書』が、現代においても意味を持つ出版物であることを明らかにするとの目的で、シリーズ化されているものです。この第3巻には、多文化の著名なユング派分析家・学者18名のエッセイが収録され、現代の人々がポストモダン社会において魂を探求するために、『赤の書』をどのように役立てられるかを検討することがテーマとなっています。

Toshio Kawai. (2019). From Internal to Open Psyche: Overcoming Modern Consciousness? Jung’s Red Book for Our Time, Asheville: Chiron Publications, pp. 163-178.

 

〔構成〕

Evaluation of The Red Book

Position of the Ego or Vision Ego

From Tragedy to Comedy

Doubled Opposites

Internalization

From Symbol to Directness: Sacrifice

From Internal to Open Psyche

Difference from the Premodern Worldview and a New Psychology

 

教授は、『赤の書』の歴史的観点から見た意義について、ユングがどのように自身の心理学的理論に到達したのかを示している点に加えて、その理論だけでなく素材が多く含まれている点を挙げています。こうした素材については、古典的に象徴的な解釈を行うアプローチが一般的ですが、それに対して今回の論考では、心の構造や素材の形式的な特徴に焦点を当てるアプローチが試みられています。

まず、『赤の書』には冒頭から圧倒するようなイメージやビジョンが描かれ、ユングが不安や自分自身を失う恐怖といった強い感情を持ったことが述べられていますが、これらを心の構造という視点から考察すると、むしろ自我の立ち位置が決して失われず、一貫してユングの強い意識がそこに保たれていたことに注目すべきではないか、と教授は指摘しています。

また、神の存在を保つための、伝統に基づく儀式や象徴の力は、近代では既に失われていましたが、『赤の書』の素材では、ユングが儀式などの代わりに、神を個人の心の内にファンタジーとして内面化したことが描かれています。教授は、この「内面化」ということが、個人の心の中にある内的現実と、実際の世界という外的現実の間の明確な区別を示すものとして捉えられるのではないかと、その重要性にも言及しています。

このように見ていくと、『赤の書』は神話や近代以前の素材を内容としながら、自我を中心に置き、自我と無意識の関係を捉える「自己関係」や、「内面化」といった、心についての近代的な理解に基づいて書かれていることがわかります。しかし『赤の書』の第三部は、こうした近代的な心の構造を超えた側面を持つことに教授は着目し、「各個人に限られた、内的に閉じた心」という近代的な理解を超えるようなあり方について考察していきます。例えば、『赤の書』の素材の中で、身体が中心的な役割を担っている生贄や身体切断の場面を取り上げ、こうした場面が現代の村上春樹の作品にも多く含まれることとも併せると、共同体や伝統に基づく儀式や象徴が力を失った現代では、「ヌミノース体験(聖なるものの宗教的体験)」は暴力や性を通した直接的な形で、明確な意味を持たずに体験されるのではないかと考えています。

教授は、ユングが提唱した「共時性」や「プシコイド」の概念も、共同体や自然、死の世界に開かれた心という意味で前近代の世界観と似ているようで、現代では死の神話性が失われているという点から、やはり非常に異なるものであると考えています。『赤の書』の第三部の冒頭で、ユングが「私は無から説き起こそう」と述べ、自我をスタート地点として強調するあり方を完全に否定していることを、教授は最後に取り上げ、今回のように構造面から『赤の書』を改めて研究することは、今後の分析心理学における新たな心理学の展開に繋がるのではないかとして、論考を終えています。

 

○書籍データ

Jung’s Red Book for Our Time: Searching for Soul Under Postmodern Conditions Volume 3

編:Murray Stein、Thomas Arzt

出版社:Chiron Publications(2019年)

単行本: 410ページ

ISBN-13: 978-1-63051-716-8

出版社の書籍ページ https://chironpublications.com/shop/jungs-red-book-for-our-time-searching-for-soul-under-postmodern-conditions-volume-3/

2019/07/02

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP