1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 河合教授の海外文献紹介記事『ヴィジョン・セミナー』が『臨床心理学』に掲載されました

河合教授の海外文献紹介記事『ヴィジョン・セミナー』が『臨床心理学』に掲載されました

2012-07-05no2.pngこころの未来研究センター 河合俊雄教授が執筆した海外文献紹介記事「Carl Gustav Jung “Visions : Notes of the seminar given in 1930-1934”(『ヴィジョン・セミナー』)」が、雑誌『臨床心理学』(第12巻第4号)に掲載されました。
====================
本書は、Carl Gustav Jung, Claire Douglas (Ed.) “Visions : Notes of the seminar given in 1930-1934 by C.G. Jung (2 Vols.)” (Princeton University Press, 1997)の全訳である。原著より一回りだけ小さい同じような様式の、本文だけで合計で1,400ページを超す2巻からなる大著となっている。ただし本書についてはこのような原著の提示では十分ではなく、複雑な経緯の説明が必要となる。というのもこれは元々1930年秋から1934年春にかけてユングが英語で行った、ヴィジョンの解釈についてのセミナーの記録であって、速記に基づくセミナー出席者のみが参照できるものだったからである。しかし後にユングは…..
(記事冒頭より)
====================
>> 『臨床心理学』(金剛出版)のHPへ
河合教授は、本書のセミナーのポイントを紹介すると共に、セミナーが取り上げたイメージに関する実践がどのようなものか、ユングによるヴィジョンの描写と解釈が綴られた『赤の書』との関連を紹介しながら解説しています。なお『赤の書』は、2010年に翻訳書が創元社より出版されており、河合教授が監訳をつとめています。
『赤の書 ―The“Red Book”』(創元社)の紹介ページへ

2012/07/05

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP