1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 『農をつなぐ仕事』(内田由紀子、竹村幸祐 著)の書評が『地域農業と農協』に掲載されました

『農をつなぐ仕事』(内田由紀子、竹村幸祐 著)の書評が『地域農業と農協』に掲載されました

 内田由紀子准教授と竹村幸祐連携研究員(京都大学経営管理大学院助教)の共著『農をつなぐ仕事 ~普及指導員とコミュニティへの社会心理学的アプローチ~』(創森社)が、一般社団法人農業開発研究センターの発行する機関誌『地域農業と農協』(2013年42巻4号)に掲載されました。石川県農林水産部生産流通課の岡部恵氏が執筆しています。

BOOKレビュー:内田由紀子・竹村幸祐 著『農をつなぐ仕事 ~普及指導員とコミュニティへの社会心理学的アプローチ~』
 普及指導員という職業について知っている人はどれだけいるだろうか。私は「都道府県の部署の中で、これほど集落や地域に入り込み、対象に働きかけている組織・人はない」と誇りに思っているが、残念ながら農業関係者以外に普及指導員という存在はあまり知られていない。(中略)
 このような中、共同農業普及事業とは接点のない京都大学こころの未来研究センターの内田先生、竹村先生が普及指導員に注目し、数値で表しにくい普及指導員の仕事を社会心理学の分野から調査研究を行い、「つなぐ仕事」としてその必要性を検証・とりまとめたものが本書である。(中略)
 著者は普及指導員にはコミュニケーション能力だけではなく、スペシャリスト機能である専門的な技術・知識についても集落・地域に入り農業者の信頼を得るためのスキルとして大切であると指摘している。更に、和解普及指導員が陥りやすい「予言の自己成就」や、普及指導員の職場の人間関係が良ければ担当地域の信頼関係が高くなることなど、興味深い知見が多く盛り込まれている。
(記事より抜粋)

2013/04/08

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP