1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 海外からの研究者がセンターに滞在しています

海外からの研究者がセンターに滞在しています

 アルバータ大学(カナダ)から来日した増田貴彦准教授を紹介します。4月1日よりこころの未来研究センターを拠点に研究活動を行っています。滞在期間は2013年7月31日までです。
130411masuda.png
▽研究者名:Takahiko Masuda (増田貴彦), Associate Professor, Department of Psychology,
University of Alberta
▽期間:2013年4月1日~2013年7月31日
▽センターでの研究内容:「状況要因が表情判断に及ぼす影響についての文化・発達的研究」
Cultural and Developmental Research on the Effect of Context in the
Judgment of Facial Expressions

 過去10年間の異文化比較研究を通して、私は、北米人(カナダ人・アメリカ人)と日本人とでは、認知・知覚のパターンに大きな違いがあることを調査してきました。ここで分かったことは、北米人は画像を見た際に、まず中心になる情報に注意を向け、背景情報にはさほど注意を払わないのに対し、日本人は、画像の中心情報のみならず背景情報にも注意を向けがちであるということです。こうした文化の違いは、日本人と北米人の世界観の違いが反映していると推測できます。また同様の認知・知覚のパターンの文化差は、心理学研究の課題のみならず、芸術表現やデザインにも見て取れます。しかしながら、こうした文化特有の認知・知覚のパターンの発達プロセスについては、まだ十分な研究がありません。そこで、こころの未来研究センターに滞在中の研究では、7歳児から10歳児を中心に子どもたちのデータ、および保護者と子供たちのコミュニケーションのデータを集め、「発達の過程のどのような地点で、文化に特有の認知・知覚パターンが見られるのか?」「文化に特有の認知・知覚パターンは、どのような形で保護者から子供へと伝達されるのか?」という問題を明らかにしていく予定です。
 For over a decade now, my cross-cultural research program has focused on cultural variations in perceptual and cognitive processes between North Americans (European Canadians and European Americans) and Japanese. Through this research, we have demonstrated that while North Americans tend to show an analytic pattern of attention, selectively allocating their attention to central pieces of information in visual scenes, Japanese show a more holistic pattern of attention, spreading their attention between central and background visual information. Some findings in this line of research have also indicated that such cultural differences are present in our artistic expression and design. Our research team assumes that the source of these culturally divergent patterns of attention is attributable to culturally unique ways of understanding the world (i.e. our worldviews). While these findings have been well established through our line of research, little research has been done on the developmental trajectories of such culturally unique patterns. During my stay at the Kokoro Research Center, I will investigate 7- to 10-year old children’s patterns of conversation with their caregivers, attempting to answer to the following questions: “At which point of life course do children start to show culturally unique response patterns?” and “How are such culturally unique patterns of attention transmitted from caregivers to their children?”

増田准教授の詳しい経歴・研究内容はこちら
http://www.ualberta.ca/~tmasuda/J-page.htm

2013/04/11

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP