1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 海外からの研究者がセンターに滞在しています

海外からの研究者がセンターに滞在しています

ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)からスティーブン・ハイネ教授が来日し、センターを拠点に研究活動を行っています。滞在期間は2013年7月26日までです。
heine.png
▽研究者名:Dr. Steven J. Heine (Professor of Psychology, University of British Columbia, Canada)
▽期間:2013年1月7日~2013年7月26日
▽センターでの研究内容:Cultural bases in mental health and decision-making: Comparisons between Japan and North America(精神健康と意思決定の文化的基盤:日本と北アメリカの比較)

My research touches upon three distinct topics. I’m interested in how basic psychological processes are affected by cultural learning and while at Kokoro Research Center I will conduct some experiments that investigate how Japanese and Canadians differ in terms of processes related to well-being and responses to anomalies. I am also interested in the ways that people’s encounters with genetic concepts leads them to think in more fatalistic and deterministic ways. A third line of research explores the ways that people strive to maintain meaning in the face of meaninglessness.
私の研究は大きく3つのトピックに分かれます。第一のトピックは、人間の基礎的な心理プロセスがどのように文化的学習の影響を受けるかに関してです。こころの未来研究センターでの滞在期間中に、幸福感や異常事態への反応の仕方に関わる心理プロセスが日本人とカナダ人でどのように異なるかを調べる実験を実施する予定です。二番目のトピックは、「遺伝」という概念に触れることで人間がどのように運命論的そして決定論的に考えるようになるかについてです。そして第三のトピックとして、「無意味さ」に直面した人間がいかに意味というものを維持しようとするか、そのプロセスに関して研究しています。

ハイネ教授の詳しい経歴・研究内容はこちら(英文)
http://www2.psych.ubc.ca/~heine/cv.html

2013/02/02

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP