1. top
  2. ニュース
  3. セミナー・研究会
  4. UCLAのCole教授によるセミナーが開催されました

UCLAのCole教授によるセミナーが開催されました

UCLAのSteven Cole教授によるセミナーが開催されました。
StevenCole01.JPG StevenCole02.JPG
 遺伝子発現研究の第一人者であるSteve Cole先生により、社会的環境による生物学的な反応を検証する遺伝子発現研究について、たとえば社会的排斥や孤独感など心理的影響をおよぼすような環境が、遺伝子発現という形で身体レベルでの影響を与えることなどを最近の知見を交えながらわかりやすく紹介されました。
 学内の研究者・大学院生が聴講し、遺伝子発現研究の可能性や文化的環境との関わりなど、活発な議論が行われました。
(本講演会は内田准教授が担当する人間・環境学研究科「比較認知文化論」と共同して行われました。)

▽ 日時:6月19日水曜 2時45分~4時15分
▽ 場所:人間・環境学研究科棟 演習室
▽ 企画:内田由紀子(こころの未来研究センター)
Social regulation of human gene expression
Steve W. Cole, Ph.D., UCLA School of Medicine
講演要旨:
Relationships between genes and human behavior have historically been viewed as a one-way street, with genes in control.
Recent analyses have challenged this view by discovering broad alterations in the expression of human genes as a
function of differing socio-environmental conditions.
This overview will summarize the developing field of social genomics,
and its efforts to identify the types of genes subject to social regulation, the biological signaling pathways mediating those effects, and the genetic polymorphisms that modulate their individual influence.
This approach provides a concrete molecular perspective on how external social and cultural processes can interact with the human genome to shape individual trajectories of health, development, and behavior.

Steve Cole教授ウェブサイト
http://people.healthsciences.ucla.edu/institution/personnel?personnel_id=45359

2013/07/10

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP