1. top
  2. ニュース
  3. 講演・公開講義など
  4. 広井教授が世界鍼灸学会連合会学術大会で基調講演を行いました

広井教授が世界鍼灸学会連合会学術大会で基調講演を行いました

 広井良典教授が、2016年11月5日・6日につくば国際会議場(茨城県つくば市)で行われた世界鍼灸学会連合会(WFAS, World Federation of Acupuncture-Moxibustions Societies)学術大会で「持続可能な医療と統合医療・鍼灸への期待 Sustainable Health Care and the Expectations to Acupuncture, Moxibustion and Integrative Medicine」と題する基調講演を行いました。
DSC_0075.JPG
 世界鍼灸学会連合会は鍼灸分野においてWHOと公的関係を持つ唯一の学術団体で、学術大会は1987年以降毎年実施されており、日本での開催は1993年(開催地京都)以来23年ぶりとなるものです。今大会には30数か国より約2000名の参加があり、うち約300名が海外からの参加者でした。
 広井教授の講演は7本の基調講演のうちの一つで、「持続可能な医療」というコンセプトがなぜ今重要かという話題から始まり、持続可能な医療と鍼灸・統合医療との関わりを(1)科学の新たな方向と統合医療、(2)高齢化とコミュニティ・地域、(3)ターミナルケアと死生観という3つの領域にそくして述べ、最後に「グローバル定常型社会の展望」という視点を踏まえてまとめる内容となっています。
 当日の講演で発表されたスライド(PDF)を公開します。下記の画像もしくはリンクにアクセスしてご覧ください。
■講演スライド(PDF)
1611hiroi_pdf.png
「持続可能な医療と統合医療・鍼灸への期待 Sustainable Health Care and the Expectations to Acupuncture, Moxibustion and Integrative Medicine」(PDF・5.4MB)
■大会ポスター・ウェブサイト
1611hiroi_shinkyu.png
世界鍼灸学会連合会学術大会 東京/つくば 2016 ウェブサイト

2016/11/22

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP