1. top
  2. ニュース
  3. 講演・公開講義など
  4. 広井教授が地球システム・倫理学会シンポジウムで報告を行いました

広井教授が地球システム・倫理学会シンポジウムで報告を行いました

 広井良典教授が、2016年11月12日に麗澤大学(千葉県柏市)にて開催された地球システム・倫理学会第12回学術大会シンポジウムで報告を行いました。
1612hiroi_jasgse.JPG
 同学術大会では、午前の自由論題発表、午後の中西進氏(高志の国文学館館長)による「日本人と「無」」と題する基調講演に続いてシンポジウムが行われ、中村桂子氏(JT生命誌研究館館長)、広井教授、薗田綾子氏(株式会社クレアン代表取締役社長)、秋山知宏氏(東京大学大学院助教)が報告を行い、コメンテーターとして川勝平太氏(静岡県知事)が総括コメントを行いました。
 広井教授の報告は「「持続可能な福祉社会」と地球倫理」と題するもので、一般に日本の伝統文化が「自然との共生」に優れているとされる点は生かしながらも、実際には環境汚染や原発問題等において様々な問題を生んできた状況を直視し、「持続可能な福祉社会」と呼ぶべき姿を社会システムとして実現していくことに注力しなければならないという趣旨のもので、そうした方向の関連で鎮守の森・自然エネルギーコミュニティ構想や地球倫理と呼びうる思想の可能性が提起されました。
◇大会ポスター・ウェブサイト
1612hiroi_rinrigakkai.png
地球システム・倫理学会 第12回学術大会
◇関連書籍
1612hiroi_book_global.png
『グローバル定常型社会 ―地球社会の理論のために ―』(岩波書店/2009年)

160621_3.png
『人口減少社会という希望 コミュニティ経済の生成と地球倫理』(朝日新聞出版/2013年)

(広井教授の著書一覧は「スタッフページ:広井良典」の業績欄に掲載)

2016/11/23

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP