1. top
  2. ニュース
  3. 一般公開イベント
  4. 地球システム・倫理学会第14回学術大会が開催されました

地球システム・倫理学会第14回学術大会が開催されました

 地球システム・倫理学会第14回学術大会が11月26日、京都大学こころの未来研究センター(稲盛財団記念館)で開催されました(主催:地球システム・倫理学会、共催:京都大学こころの未来研究センター、協賛:一般財団法人京都フォーラム)。

  地球システム・倫理学会は、地球生命システムの調和と共生のための総合的かつ学際的で行動的な研究・教育および交流・啓発活動を行なうために2006年に設立された学会です。

今回の大会は、「地球倫理――ローカル・グローバル・ユニバーサル」を大会テーマとし、まず午前中に自由論題発表が3つの会場に分かれて行われ、午後には全体会が行われました。

全体会では、近藤誠一学会長の開会挨拶に続き、山極壽一・京都大学総長による基調講演「人間と地球の未来――霊長類学の視点から」が行われました。

その後のシンポジウムは、「地球倫理――ローカルからグローバルへ」と題し、広井良典・京都大学こころの未来研究センター教授が座長を務める中で、田中朋清・石清水八幡宮権宮司、平野彰秀・NPO法人地域再生機構副理事長、内田由紀子・京都大学こころの未来研究センター准教授、佐伯啓思・京都大学こころの未来研究センター特任教授の4名のシンポジストが各20分の報告を行い、伊東俊太郎・東京大学名誉教授と服部英二・地球システム・倫理学会常任理事の2名のコメンテーターによるコメントの後、活発な討論がなされました。最後に山極総長が総括を行うとともに、小倉紀蔵・京都大学大学院人間環境学研究科教授が閉会挨拶を行いました。なお全体会の司会は京都大学こころの未来研究センター・リエゾンオフィスの尾方有希が務めました。

その後、山極総長も参加する形で懇親会が開催され、懇親会では佐藤岳晶・京都女子大学教授による三味線演奏(ヴァイオリン助演:牧野貴佐栄氏)も行われ和やかに幕を閉じました。

 

山極寿一 京都大学総長

平野彰秀 副理事長

内田由紀子准教授

佐伯啓思特定教授

シンポジウムの様子

登壇者

登壇者全員

 


〔開催ポスター〕



〔開催DATA]
▽日時:2018年11月26日(月曜日)13:30 〜 17:30
▽場所:稲盛財団記念館3階 大会議室(京都市左京区吉田下阿達町46)
▽スケジュール
13:30 〜 13:40 開会挨拶 近藤 誠一(地球システム・倫理学会 会長)
13:40 〜 14:40 基調講演 山極 壽一(京都大学総長)
15:00 〜 17:20 シンポジウム「地球倫理―ローカルからグローバルへ」
座長:広井 良典(京都大学こころの未来研究センター教授)
シンポジスト:
田中 朋清(石清水八幡宮権宮司、石清水なつかしい未来創造事業団代表理事)
平野 彰秀(NPO法人地域再生機構副理事長)
内田 由紀子(京都大学こころの未来研究センター准教授)
佐伯 啓思(京都大学こころの未来研究センター特任教授)
コメンテーター:
伊東 俊太郎(東京大学名誉教授)
服部 英二(地球システム・倫理学会 常任理事)
17:20 〜 17:30 閉会挨拶 小倉紀蔵(京都大学大学院人間・環境学研究科教授)

▽主催:地球システム・倫理学会
共催:京都大学こころの未来研究センター
協賛:一般財団法人京都フォーラム

 

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP