1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 『Jungian Perspectives on Indeterminate States: Betwixt and Between Borders』に、河合俊雄教授の英語論考が掲載されました

『Jungian Perspectives on Indeterminate States: Betwixt and Between Borders』に、河合俊雄教授の英語論考が掲載されました

『Jungian Perspectives on Indeterminate States: Betwixt and Between Borders』に、河合俊雄教授の英語論考「The tension and paradox between determinate and indeterminate state: Clinical, social, and cultural aspects」が掲載されました。

『Jungian Perspectives on Indeterminate States: Betwixt and Between Borders』では、ユング心理学派の観点から“不確定な状態”について論じた、様々な国の心理療法家達の論考が集められています。各章で寄稿者らには、文化、人種、ジェンダー、アイデンティティ形成などの主要なテーマが割り振られ、本書はユング派分析家や心理療法家に加え、人類学者や政治・文化学者らにも洞察を与える内容となっています。以下の河合教授の論考は、本書の13章に掲載されています。

 

Toshio Kawai. (2020). The tension and paradox between determinate and indeterminate state: Clinical, social, and cultural aspects. Jungian Perspectives on Indeterminate States: Betwixt and Between Borders, London: Routledge, pp. 209-220.

〔構成〕
Introduction Psychotherapy and the dialectics of indeterminate and determinate state
Theoretical background: Neuroscience and the indeterminate
Change of pathology and the indeterminate state
Cultural and contemporary background of the indeterminate
Some hints of how to cope with the indeterminate state
Conclusion

 

教授は本書のテーマである“不確定な状態”について、それを保ち続けることが、心理療法全般の基本的な態度とみなせるのではないかと述べています。現実の状況に介入し環境を変える方法では、相談者の心理的な問題は解決されず、むしろ他の問題を生む可能性もあるため、心理療法家は解決を急ぐのではなく、相談者を現状に向き合わせながら、不確定な状態を作り出すことになります。心理療法の初期には、相談者は自分の問題に対してすぐに具体的な介入やアドバイスを得られると期待していますが、ほとんどの場合は確かな解決策は与えられず、次回の面接まで持ち越されることになります。その結果として、不確定な状態と確定的な状態との間の強い緊張関係が継続するのだと教授は論じています。

この緊張関係のもとに心理的な変化が生じてきますが、現在では心理療法過程でこうした不確定な状態を保つことがむずかしくなってきており、従来的な心理療法が持つ不確定な状態を保とうとする態度は、時間のかかる非効果的なものとみなされるようになってきたことにも教授はふれています。

ユング派の心理療法においては、この不確定な状態を抜ける際に、決定的な行動やイメージが予期せず心理療法過程で現れることが重要となり、それが夢や現実での偶発的な出来事によって起こることに教授は注目しています。そして論考の最後には、日本だけでなく世界中で人気となっている現代作家の村上春樹を取り上げ、その作品において不確定な状況からの変化として、主人公の主体が突然立ち上がることが印象的であったことを述べています。村上春樹の小説にある突然の主体の出現は、現代において不確定な状態に耐えるためのヒントを与えてくれるかもしれないとして、教授は論考を終えています。

 

○書籍データ
Jungian Perspectives on Indeterminate States: Betwixt and Between Borders
編:Elizabeth Brodersen, Pilar Amezaga
出版社:Routledge(2020年)
単行本: 298ページ
ISBN-13: 9780429323072

 

書籍に関するページ 
https://www.amazon.co.jp/Jungian-Perspectives-Indeterminate-States-Betwixt-ebook/dp/B08DL7685N/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=pilar+amezaga&qid=1597375028&s=english-books&sr=1-1

https://www.taylorfrancis.com/books/e/9780429323072

2020/08/17

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP