1. top
  2. プロジェクト
  3. 研究プロジェクト
  4. アジアと日本の精神性、幸福観、倫理観

【令和元年度 研究プロジェクト】アジアと日本の精神性、幸福観、倫理観

研究課題 アジアと日本の精神性、幸福観、倫理観

研究代表者 熊谷誠慈 京都大学こころの未来研究センター 特定准教授

連携研究員 西田愛   神戸市外国語大学 客員研究員
      池尻陽子   関西大学文学部 准教授
      村田陽平   近畿大学文学部 准教授
      Klaus-Dieter MATHES     ウィーン大学文献文化学部 教授
      Michaela WINDISCH-GREATZ  ウィーン大学法学部 教授
      Miguel ALVALEZ ORTEGA    セビリア大学法学部 准教授
      Daniel BEROUNSKY      プラハ大学教養学部 准教授 
      Nima Hojer LAMA       プラハ大学教養学部 助教
      Matteo MIELE        日本学術振興会 外国人特別研究員

センター参画 広井良典  京都大学こころの未来研究センター 教授
       今枝由郎  京都大学こころの未来研究センター 特任教授
       畑中千紘  京都大学こころの未来研究センター 特定講師
       清家理   京都大学こころの未来研究センター 特定講師
       安田章紀 京都大学こころの未来研究センター 研究員
       松下賀和 京都大学こころの未来研究センター 研究員 

本研究では、古文書の解析を通じて、アジア地域の伝統的な精神性、倫理観に関する情報を回収し、体系的に整理する。
アジアに共通する精神性と倫理観の普遍性を把握することでアジア諸国との対話の道筋を明らかに、他方、精神性と倫理観の日本的特徴を特定することで、グローバル社会における日本の位置づけを明確化する。

PAGE TOP