イベント

こころの思想塾:現代の政治と日本を考える

こころの思想塾:現代の政治と日本を考える ※定員に達したためお申込みを締め切りました。 今年から選挙権年齢が引き下げられ、「主権者教育」が唱えられたりします。また、憲法や日本の防衛についての論議も昨年から引き続き行われています。今回の塾では、今日の日本の抱える問題を、民主主義論や憲法論、主権論まで立ち入りながら、自由に議論したいと思います。今回は、朝日新聞社の協力のもとで、同社の記者も出席し、議論…

こころの思想塾:現代の政治と日本を考える

『アジア文化塾』古典チベット語セミナー

『アジア文化塾』 古典チベット語セミナー ※定員に達したためお申込みを締め切りました。 古来チベットは、ヒマラヤの山々に抱か れ、高度な精神文化を育んできました。殊にチベット仏教は、ブータン、モンゴ ル、満洲などアジア各地に伝播し、広範なチベット仏教文化圏が形成されました。その深遠かつ広大な思想、歴史を描き伝えてきたのが古典チベット語であり、チベット仏教文化圏の歴史や文化を知る には古典チベット語…

『アジア文化塾』古典チベット語セミナー

超高齢社会を心地よく生きるために必要なこと

「孤立防止のための自助・互助強化プログラム開発」プロジェクト 2015年度シンポジウム 超高齢社会を心地よく生きるために必要なこと 京都大学こころの未来研究センターでは2014年10月より京町家(風伝館)で「くらしの学び庵」を開講しています。今回は、「くらしの学び庵」の拡大版として、「心地よく生きていくために必要なこと」をテーマに講演会を開催します。心身共に健康で幸せに、楽しく年を重ねるために必要…

超高齢社会を心地よく生きるために必要なこと

第7回ブータン文化講座「ブータンの仏教と祭り 二マルン寺(中央ブータン)のツェチュ祭」

第7回ブータン文化講座 ブータンの仏教と祭り 二マルン寺(中央ブータン)のツェチュ祭 ※定員に達したためお申込みを締め切りました。(2016/3/23) 京都大学こころの未来研究センター・ブータン学研究室では、アウトリーチ活動の一環として「ブータン文化講座」を定期開催しています。 今回は、【ブータンの仏教と祭り 二マルン寺(中央ブータン)のツェチュ祭】として、前フランス国立科学研究センター・研究デ…

第7回ブータン文化講座「ブータンの仏教と祭り 二マルン寺(中央ブータン)のツェチュ祭」

船橋新太郎教授 退職記念講演会

船橋新太郎教授 退職記念講演会 船橋新太郎教授が、平成28年3月末をもって京都大学こころの未来研究センターを定年退職されることとなりました。 ご退職にあたり、船橋新太郎先生の退職記念講演会を下記の通り開催いたします。 ▽ 日時:2016年3月5日(土) 16:00~17:30 (開場15:30~) ▽ 場所:京都大学 稲盛財団記念館3階大会議室     (京都市左京区吉田下阿達町46) (アクセス…

船橋新太郎教授 退職記念講演会

第46回身心変容技法&ワザ学・こころ観合同研究会

第46回身心変容技法&ワザ学・こころ観合同研究会 ▽ 日時:2016年3月3日(木)13時~18時50分 ▽ 場所:京都大学稲盛財団記念館 3階大会議室      京都市左京区吉田下阿達町46(川端近衛南東角)アクセス ▽ 対象:どなたでもご参加いただけます。(参加費無料、事前申し込み不要です) ▽ プログラム:   13:00~14:50 発表①「身心変容技法としての音楽療法」         …

第46回身心変容技法&ワザ学・こころ観合同研究会

2015年度 こころの科学集中レクチャー こころの謎~脳科学からの挑戦~

2015年度 こころの科学集中レクチャー こころの謎~脳科学からの挑戦~ ※申し込みを締め切りました こころの科学集中レクチャーは、学生・研究者を対象に、こころのはたらきのもつ不思議さ、おもしろさをより深く理解するために、国内外からさまざまな専門領域の講師を招いて実施しています。 2015年度集中レクチャーでは、「こころの謎」に、文化心理学・脳機能イメージング・認知科学から多角的に迫ります。 ミシ…

2015年度 こころの科学集中レクチャー こころの謎~脳科学からの挑戦~

鎌田東二教授 退職記念講演会・シンポジウム

鎌田東二教授 退職記念講演会・シンポジウム ※定員に達したためお申込みを締め切りました。多数のご応募をありがとうございます。  古来、宗教・芸術・芸能・武道・スポーツ・教育などの諸領域では、様々な「技法」が編み出され、伝承、実践されてきた。「身心変容技法」とは、身体と心の状態を当事者にとってよりよいと考えられる理想的な状態に切り替え変容・転換させる、そうした諸技法のことをいう。本講演&シンポジウム…

鎌田東二教授 退職記念講演会・シンポジウム

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP