ニュース

2019/11/01

広井良典教授が都市計画法制定100周年記念事業「都市計画のこれまで、これから」のパネルディスカッションに登壇しました

広井良典教授が都市計画法制定100周年記念事業「都市計画のこれまで、これから」のパネルディスカッションに登壇しました(2019年10月25日、全国町村会館2階ホール)。 本イベントは都市計画コンサルタント協会が主催するもので、第一部では認定都市プランナーが推薦する全国の“まち”10選の発表が行われ、続く第二部では「都市の未来と未来の都市計画」と題するパネルディスカッションが行われ、小泉秀樹東京大学…

2019/10/23

広井良典教授が、韓国の全州市で開かれた韓国・幸福実現地方政府協議会創立1周年記念シンポジウムで報告を行いました(2019年10月17日)

広井良典教授が、韓国の全州市で開かれた韓国・幸福実現地方政府協議会創立1周年記念シンポジウムで報告を行いました(2019年10月17日・国立無形遺産院3階国際会議場)。 近年、世界的に「幸福政策」が広がりを見せる中、韓国においても国や自治体レベルで幸福度指標の開発や条例の制定等が始まりつつあります。こうした中、昨年には韓国において40余りの基礎自治体が「幸福実現地方政府協議会」を設立し、幸福度指標…

広井良典教授が、韓国の全州市で開かれた韓国・幸福実現地方政府協議会創立1周年記念シンポジウムで報告を行いました(2019年10月17日)
2019/10/23

「支える人の学びの場:こころ塾2019」を開催しました

 こころ塾は、2013年にスタートしたこころの未来研究センターの教育事業です。「支える人たちが元気になる学びの場を作りたい」という発想のもとで、医療、福祉、教育等の現場で働く専門職の方たちを対象に開講してきました。第1回(2013年)から第6回(2018年)まで、毎年3~6日間で実施してきたこころ塾は、企画者である吉川左紀子特定教授が定年を迎える今年度をもってひとつの区切りとなります。 最終回とな…

「支える人の学びの場:こころ塾2019」を開催しました
2019/10/15

内田由紀子教授のインタビュー記事が朝日新聞の「耕論」に掲載されました

内田由紀子教授の幸福感についてのインタビュー記事が10月3日付全国版朝刊の「耕論」に掲載されました。     https://www.asahi.com/articles/DA3S14203157.html (有料版の記事となります)  内田教授は日本とアメリカの幸福感を比較し、アメリカでは個人の達成に基づいて幸福感が得られることが多いのに対して日本の幸福は周囲とのバランスが条件となり、…

内田由紀子教授のインタビュー記事が朝日新聞の「耕論」に掲載されました
2019/10/15

吉川左紀子特定教授が放送大学京都学習センター公開講演会「IT技術を介護に活かす:ケア情報学の現在と未来」で講演を行いました(9月8日.於:キャンパスプラザ京都)

     吉川左紀子特定教授は、放送大学京都学習センター主催の公開講演会「IT技術を介護に活かす:ケア情報学の現在と未来」を企画し、講演を行いました。(9月8日.於:キャンパスプラザ京都)  この公開講演会では、まず京都大学大学院情報学研究科の中澤篤志准教授が「『優しい介護』を明らかにする情報学のアプローチ」、続いて社会福祉法人三條会老人保健施設ひうな荘リハビリ部長の森山由香氏(理学療法…

吉川左紀子特定教授が放送大学京都学習センター公開講演会「IT技術を介護に活かす:ケア情報学の現在と未来」で講演を行いました(9月8日.於:キャンパスプラザ京都)
2019/10/15

内田由紀子教授のインタビュー記事がリクルートワークス研究所のウェブサイトに掲載されました。

働くことや仕事の中で得られる幸福感のあり方についての内田由紀子教授のインタビュー記事がリクルートワークス研究所のウェブサイトに掲載されました https://www.works-i.com/project/ikiiki/organization/detail008.html   内田教授は日本における幸福感の特徴を挙げつつ、日本の組織の中で「生き生き働く」とはどのような意味を持つのかを考察していま…

内田由紀子教授のインタビュー記事がリクルートワークス研究所のウェブサイトに掲載されました。
2019/10/09

広井良典教授の著書『人口減少社会のデザイン』が東洋経済新報社から刊行されました

広井良典教授の著書『人口減少社会のデザイン』が東洋経済新報社から刊行されました。  本書は、明治維新以降、100数十年にわたって増加を続けてきた日本の人口が、2008年をピークに減少に転じ、今後も減少を続けることが予測されていることを踏まえ、従来の「拡大・成長」を基調とする社会のあり方から、人々の意識や行動、価値を含めて大きな変容が生じていくという問題意識に立って書かれたものです。AIを活用した2…

広井良典教授の著書『人口減少社会のデザイン』が東洋経済新報社から刊行されました

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP