ニュース

2019/11/29

第4回京都こころ会議シンポジウム「こころとArtificial Mind」を開催しました

 2019年10月14日、京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホールにて、第4回京都こころ会議シンポジウムを開催いたしました。公益財団法人稲盛財団からのご支援を受けて2015年に発足した京都こころ会議は、これまでに「こころと歴史性」(第1回シンポジウム)、「こころの内と外」(第2回シンポジウム)、「こころと共生」(第1回国際シンポジウム)、「こころと生き方―自己とは何か」(第3回シンポジウム)をテ…

2019/11/29

2019年第6回こころ研究会で西垣通教授が発表を行いました

 2019年9月24日、第6回こころ研究会が稲盛財団記念館3階小会議室Ⅰにて開催されました。本年度の京都こころ会議のテーマ「こころとArtificial Mind」に沿って、西垣通名誉教授(東京大学)が「AI時代の心のゆくえ」と題した発表を行いました。  西垣教授の発表では、まず「自律性」の概念についての検討が行われ、生物を規定するものである自律性を、人工知能などの機械にも認めることができるかとい…

2019年第6回こころ研究会で西垣通教授が発表を行いました
2019/11/29

2019年第5回こころ研究会で尾形哲也教授が発表を行いました

 2019年8月6日、第5回こころ研究会が稲盛財団記念館3階小会議室Ⅰにて開催されました。本年度の京都こころ会議のテーマ「こころとArtificial Mind」に沿って、尾形哲也教授(早稲田大学理工学術院・教授/産業技術総合研究所人工知能研究センター・特定フェロー)が「深層学習と運動感覚学習─認知発達ロボティクスの視点から─」と題した発表を行いました。  尾形教授の発表では、まず、従来の演繹的人…

2019年第5回こころ研究会で尾形哲也教授が発表を行いました
2019/11/28

上田祥行特定講師らの研究論文が『Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition』に掲載されました

上田祥行特定講師が、京都大学大学院人間・環境学研究科の齋木潤教授と樋口洋子さん(現・理化学研究所脳神経科学研究センター研究員)、理化学研究所脳神経科学研究センターの柴田和久チームリーダーと一緒に行った研究論文がJournal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognitionに掲載されました。 私たちは、普段意識することなく、視覚…

上田祥行特定講師らの研究論文が『Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition』に掲載されました
2019/11/28

上田祥行特定講師らの研究が日本心理学会第83回大会で特別優秀発表賞を受賞しました

上田祥行特定講師が教育学研究科の坂田千文(筆頭発表者)さん、森口佑介さんらと進めている共同研究が、2019年9月11日~13日に開催された日本心理学会第83回大会(立命館大学)で「特別優秀発表賞」を受賞しました。  複数の視覚情報の中で,ある情報に注意を向けて何らかの行為に及ぶと,その情報に関する長期的な記憶,つまり学習が促進されます。さらに近年,他者と一緒に同じ対象に注意を向けて作業することで,…

上田祥行特定講師らの研究が日本心理学会第83回大会で特別優秀発表賞を受賞しました
2019/11/26

吉川左紀子特定教授と上田祥行特定講師らの研究論文が『Cognitive Research: Principles and Implications』に掲載されました

吉川左紀子特定教授と上田祥行特定講師が、ヨーク大学のロブ・ジェンキンス准教授とジェット・サンダースさん(現・ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス助教)と一緒に行った研究論文が、Cognitive Research: Principles and Implicationsに掲載されました。  本物の顔のように見えるシリコン製マスクをかぶった写真と、本物の顔の写真との区別が困難であることを、日英の大…

吉川左紀子特定教授と上田祥行特定講師らの研究論文が『Cognitive Research: Principles and Implications』に掲載されました
2019/11/25

太陽光エネルギーによる展望台竹灯篭のライトアップ点灯式(石清水八幡宮)が行われ広井良典教授が挨拶を行いました

 2019年11月14日、石清水八幡宮(京都府八幡市)において、太陽光エネルギーによる展望台竹灯篭のライトアップ点灯式が行われ、広井良典教授が挨拶を行いました。    本事業は、広井教授が進めている「鎮守の森・自然エネルギーコミュニティ構想」の一環をなすもので、全国津々裏々に約8万存在し、古くから自然信仰と一体となった地域コミュニティの拠点として機能してきた神社と、再生可能エネルギー拠点の分散的整…

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP