ニュース

2009/12/01

William Newsome 教授を囲んでのワークショップと第4回注意研究会が行われました。

William Newsome 教授を囲んでのワークショップと第4回注意研究会 1.William Newsome スタンフォード大学教授を囲んでのワークショップ 開催日時:平成21年11月25日(水曜日) 午後1時より 開催場所:京都大学 稲盛財団記念館 3階 大会議室 2.第4回注意研究会 開催日時:平成21年11月25日(水曜日) 午後4時半より 開催場所:京都大学 稲盛財団記念館 3階 大…

William Newsome 教授を囲んでのワークショップと第4回注意研究会が行われました。
2009/12/01

第31回こころの未来セミナー『死別を悲しむ心のケア』が行われました。 

第31回こころの未来セミナー   『死別を悲しむ心のケア』 ◆トーマス・アティグ先生(ボウリング・グリーン州立大学名誉教授・哲学博士) 「喪失体験のケア」 ◆エリザベス・デイヴィス先生(ビクトリア大学看護学教授・看護博士) 「子供の悲嘆をどう対応できるか」 日時:2009年11月28日(土)13:00~16:30 場所:京都大学稲盛財団記念館 3階 大会議室    

第31回こころの未来セミナー『死別を悲しむ心のケア』が行われました。 
2009/11/24

シンポジウム 『遠野物語と古典 物語の発生する場所とこころ』が行われました。

京都府/京都大学こころの未来研究センター共同企画シンポジウム 物語の発生する場所とこころ 遠野物語と古典 日  時:11月23日(月・祝)13:00~17:00 場  所:芝蘭会館 稲盛ホール  基調講演 「『遠野物語』と『源氏物語』の距離」       山折哲雄(宗教学者・元国際日本文化研究センター所長) 第一部 「遠野物語の場所とこころ」       石井正己(東京学芸大学教授・遠野物語研究所…

シンポジウム 『遠野物語と古典 物語の発生する場所とこころ』が行われました。
2009/11/06

ソーシャルネットワークのプロジェクトの、普及指導員を対象とした調査の結果を報告します。(協力:近畿農政局, 近畿ブロック普及活動研究会)

研究プロジェクト 「ソーシャル・ネットワークの機能グループ内の『思いやり』の性質」の一環として、近畿農政局と近畿ブロック普及活動研究会の協力を得て、近畿6府県の普及指導員を対象とした調査を行いました。簡易版の結果のまとめについては、こちらをクリックしてください。(PDFファイル) プロジェクトの紹介はこちらです。

ソーシャルネットワークのプロジェクトの、普及指導員を対象とした調査の結果を報告します。(協力:近畿農政局, 近畿ブロック普及活動研究会)
2009/10/27

こころの科学特別レクチャーが行われました。

下記の特別レクチャーが行われました. こころの科学特別レクチャーはこころのはたらきのもつ不思議さ,おもしろさをより深く理解するために,国内外からさまざまな専門領域の講師を招いて学内の学生,院生を対象に実施します. 2009年度 こころの科学特別レクチャー(2) 講師    北澤 茂先生(順天堂大学医学研究科) 演題    「自閉症治療に挑む心理学と脳科学」 日時    2009年10月23日(金)…

こころの科学特別レクチャーが行われました。
2009/10/27

第5回こころの広場が行われました。

第5回こころの広場(京都府との連携事業)が催されました。 『イマドキの思春期~昔と変わったこと、変わらないこと~』 日  時:10月25日(日)14:00~16:00(受付開始13:30~) 場  所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室  第一部 「イマドキの思春期~昔と変わったこと、変わらないこと~」: 岩宮恵子(島根大学教育学研究科教授・臨床心理学) 第二部 質疑応答 司会進行:河合俊雄 (京…

第5回こころの広場が行われました。
2009/07/30

ベッカー教授が「ラルフ・ホンダ特別功労賞」を受賞しました(7月15日)

ベッカー教授が皇太子明仁親王奨学金財団より「ラルフ・ホンダ特別功労賞」を受賞するため、両陛下の前で行われる授賞式にハワイに出張しました。皇太子明仁親王奨学金は、両陛下の結婚を記念して、ホンダ氏を初めとするハワイの日系人が設立し、日本とハワイの双方から留学生を毎年交換させるものです。百数十名の元奨学金生の多くは大学研究者や教員を務めていますが、ベッカー教授が「優れた学術業績と日米関係への貢献」のため…

ベッカー教授が「ラルフ・ホンダ特別功労賞」を受賞しました(7月15日)

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP